学資保険のメリットについて考える

学資保険のメリットについて考えてみたいと思います。子供が生まれると、嬉しい気持ちに誰もがなることだと思います。ですが、その一方で将来の子供の教育資金について少し気がかりな親御さんもいるのも事実です。日本において子供1人を成人まで立派に育て上げるためには、約2000万円くらいかかると言われています。まして、バブル世代と比較して、今の若者は年収が大幅に下がっていることもあり、教育資金を一度に出せるほどの貯蓄がないのが現状であります。そこで、確実に少しの額でも貯蓄していける学資保険が効果を発揮します。自分の子供が将来立派な教育を受けるためには、どうしてもお金が必要です。その教育資金は、一度には用意できなくても、前々から準備しておけば意外となんとかなるものです。その準備として学資保険をうまく活用するのです。この保険は確実にお金を貯めていけますので、将来必要となる教育資金を確実に用意することができるメリットがあります。

貯金が苦手な人こそ学資保険が良い

初めて妊娠で出産間近になると、赤ちゃんの準備などどこからか色々な情報が自然と入ってきます。赤ちゃんグッズや教材物など色々ありましたが、その中で学資保険の案内を見ました。保険の事まで真剣に考えた事がなかったのですが、学資保険の案内のパンフレットでは、子供が大学入学までにかかる費用を見て驚きました。こんなにもお金がかかるんだと、初めて現実的に真剣に考えるようになりました。しかし、私は家計のやりくりが下手で貯金できる自信がありませんでした。そんな時こそ学資保険に入って、毎月保険料を支払わなければならないという状況にすれば、貯金苦手でも保険料を支払っていけば自然と貯金に繋がります。貯金しながら入院保障がついてるのがお得な感じがします。子供の進学にかかるお金に困らないようにするために、保険というシステムはとても良い方法です。

学資保険のメリットは返戻率が高いことです

私は子供が生まれてすぐに学資保険に加入しました。私はこの保険の一番のメリットは貯蓄性だと考えています。特に私の世帯のようなあまり世帯所得の多くない家庭向けだと思っています。理由としては、どんなに少ない金額であったとしても子供が成人するまで毎月かかさずにお金を積み立てることができるということです。これを自分一人で行おうとすると甘えが生じてしまいどうしても毎月決まった額を預金することができなくなってしまいます。また、学資保険の場合はお金が返ってくる際の返戻率が高くなっています。金融商品と比べると低いですが、安全度が高く、また、自分から何をするわけでもなく気苦労がありません。私の場合は、子供が大学生になるのと同時に満期を迎えるように設定しました。子供にお金に関して不自由な思いをさせないようこれからも良いサービスを探し続けようと思います。

子供の小学校受験。小さい子供は環境に左右されがちで、本番で実力が出せない子供もいます 幼児教室の伸芽会では「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 家庭での学習ももちろん大切ですが、本番さながらの環境で学べるのは幼児教室のメリットです。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 幼児教室に興味があるなら伸芽会の体験教室へどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*