学資保険だけでな充分ではない

学資保険の満期保険金はいろいろ設定できます。低いところでは50万円程度から始められるものもありますし、1000万円の設定ができるものもあります。多くの人は、毎月1万円以内くらいを目安に学資保険を選びます。18年も払い続ける保険ですから無理のない範囲で、と考えている人が多いのでしょう。しかし仮に月に1万円としたら年間で12万円、18年で216万円です。貯蓄性の高いものを選んだとしても受け取れる保険金は250万円までです。これで果たして大学入学時の費用がすべて賄えるかといえば、難しいと言わざるを得ません。どの大学に進むかによって変わってきますが、学費の高い学部に行くとなると、倍以上かかります。つまり学資保険だけで安心しきっていてはいけません。そうかといって解約すればもったいないですから、家計を逼迫しない程度の額に加入し、あとは任意で貯金する、という形が良いと思います。

18歳満期が多い学資保険

主に親が子供の教育資金の備えとして加入する学資保険は、ほとんどが18歳満期となっています。教育資金の中で最もお金がかかるのが大学進学時ですので、それに合わせているわけです。また中学や高校入学時に設定すると、支払い期間が短くなるため、貯蓄性の高い学資保険には不向きです。もちろん中学や高校から私立に行く場合もあるでしょうし、公立であっても入学にあたって全くお金がかからないわけではありませんので、保険以外の備えも必要ということになります。大学進学時に大きな出費としては入学金と前期の学費がありますが、これは大学入学までに払うのが普通です。そのため3月31日生まれの子供は18歳満期にすると振込期限に間に合いません。3月の前半生まれでも慌しいことには違いありません。3月生まれのお子さんがいるご家庭は、17歳満期の設定ができる学資保険をお勧めします。

学資保険の貯蓄型と保障型

学資保険には多くの種類がありますが、大別すると貯蓄型と保障型があります。貯蓄型は積み立てたお金が満額もしくはそれ以上に戻ってくる貯蓄を重視した保険です。保障型は満期の時に受け取る保険金が積み立てたお金の総額を下回る代わりに様々な保障がついている保険です。貯蓄を重視するなら満期保険金の額で単純に選べば良いですが、保障型は保障の内容、条件等をよく検討する必要があるでしょう。現在主流となっているのは貯蓄型です。貯蓄を目的としている人が多いのと、学資保険についている保障内容に魅力を感じない人が多いのが理由です。というのも保障型に多いのは、子供の怪我や病気に備える医療保険がセットになったものですが、そもそも子供の医療費は一定の年齢まで無料になっている自治体が多いからです。しかしいつまでも無料というわけではありませんので、保障型と貯蓄型両方に入っておくのも良い方法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*