学資保険は早くに加入するほど楽に

最近は、子供がいる人でも学資保険という言葉を知らない人がいて驚かされるのですが、一昔前は、子供が生まれたら誰もが加入する保険でした。結婚したら生命保険に加入するのと同じくらい当たり前に皆が加入していました。出産してしばらくはバタバタと忙しくてなかなかゆっくりとパンフレットを眺める時間もないかもしれませんが、少しでも早く加入するほうが良いです。小学校に入学すると加入できないものが多いので、リミットは6歳までということになりますが、できれば遅くとも2歳くらいまでには入っておくほうが楽です。遅れればそれだけ積み立てるお金が減るか、もしくは月々の支払いが増えるので、長い目で見ると早く入るほうが良いです。早く入ればそれだけ保障も早く始まるわけですから、万一のことを考えても安心です。言うまでもなく子供の人数分必要な保険ですから、それも踏まえて加入する金額を決めましょう。

子供の保険でポピュラーな学資保険

社会人になった時や結婚をした時など、人生の転機になると、自身の保険を考える人が多いと思います。医療保険や生命保険などがそうです。車を持てば、自動車保険を検討するでしょう。そして子供が生まれた時は、子供の保険についても考えなければなりません。子供がいたずらでモノを壊した時は、親が弁償しなければなりませんが、そういった個人賠償に備える保険もあります。子供に関する保険の中で、最もポピュラーなのが学資保険です。子供が大きくなるにつれて教育費も嵩んできますが、最も出費が多い大学進学時にそれまで積み立てておいた保険を受け取る、という保険です。受取人が子供、親が契約者となるケースが大半です。貯蓄と親に万一のことがあった時の両方に備えられる優れた保険です。あまり多くの保険に加入したくない、という人は、学資保険に入院保障や個人賠償などを付加できる商品を選ぶと良いでしょう。

子どもの将来のために学資保険で積立

子ども一人にかかる教育費用は多大なものです。大学まで進学すると仮定した場合、非常に多額の教育資金が必要となります。我が子に適した、望ましい教育をきちんと受けさせてあげたい、と考える親は少なくありません。そうした場合の教育資金の積み立てとして、学資保険があります。学資保険とは、将来に備えて教育資金を積み立てておくための保険であり、生命保険や医療保険などが含まれていることもあります。子どもが大きくなるまで、決められた保険料を払うことで、子どもがある年齢に達し教育費用が必要となった際に、まとめて学資金が給付される貯蓄を目的としたものなどがあります。生命保険や医療保険などを含んでいる場合、将来的には元本が保証されない場合もあります。この点が定期預金で教育資金を積み立てる場合と異なる点でもあります。保険会社によって保険内容は異なるため、我が子に適した保険を選ぶことが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*