学資保険を選ぶ時に大切なこと

学資保険を選ぶ時に大切なことについて、紹介します。学資保険は、インターネットなどで調べてみるとたくさんの保険会社があってとても迷います。インターネットで調べてみると、さまざまな保険会社で資料請求や見積もりをすることができます。学資保険はたくさんあると思いがちですが、大きく分けて二種類しかありません。一つは、子供が病気や怪我をしたときの保障を重要視しているものです。もう一つは、教育資金を目的としたタイプです。二種類あるので、自分の子供に合った保険のタイプを選ばなければいけません。保険に加入する時に、どのような目的で加入するのかをはっきりすることをおすすめします。保障を重要視するか、貯蓄を重要視するか目的は全く違うのでしっかり検討することが必要です。私の子供も保険に加入していますが、貯蓄を目的とした保険を選びました。

親に感謝した進路時の学資保険

私は高校生の頃、卒業後の進路で専門学校に通う事を選択しました。両親に通わせてほしいとお願いした時両親は頑張りなさいと言ってくれました。私の通いたいと言った専門学校は美容専門学校だった為、入学してからも費用がとても高いと言われていた為、両親が承諾してくれた時とても嬉しかったと同時に費用の心配もしてしまいました。その事を両親に言うと私が産まれてからずっと学資保険をかけていたから大丈夫だと、心配するなと言われて驚きました。その頃の私はそんな保険の事など知らず、両親がそんな保険を私の為に掛けてくれていた事も知りませんでした。こつこつと私の為に小さな頃からそんな保険を掛けてくれていた両親に本当に感謝しました。それから私は大人になり、結婚しました。子供が産まれた時私の親が私にしてくれた様に子供が進路の時困らずにすむ様に学資保険を調べて入ってあげたいと思います。

学資保険は貯蓄+安心と考えて加入しましょう

学資保険とは、子供の教育費を確保することを目的とした貯蓄型の保険です。また、貯蓄だけではありません。子供の保険ですので子供に万が一のことがあった場合には、病気やケガの補償や死亡保険金が下りるものもあります。そして万が一、契約者が亡くなってしまった場合や高度障害などの場合には、満期までの保険料の支払いが免除され契約通りに満期学資金が受け取れます。もう少し保障を充実させたいときには、契約者が亡くなってしまった場合や高度障害などの場合に、保険期間満了まで決められた額の年金が受け取れるという育英年金付という保障型の保険があります。しかし、保障型は貯蓄型の保険と比べると満期時に受け取る金額が下回ります。学資保険には保障(安心)を考えて加入することと満期額資金を重点に考える貯蓄型があります。保険は長く支払い続けるものなので、それぞれの家庭で納得のいく学資保険に加入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*